Hand 展@Rungta

明日から、経堂のRungtaさんで増満の個展が始まります。
会場では菜と果の瓶詰め、お菓子も置かせていただきます。週末は、平飼い卵のプリンもあります(産卵率が落ちている鶏たち、頑張って生んでくれました)。それから、以前Rungtaのお二人が展示の打ち合わせに来てくださった時のお茶菓子だったレーズンサンド。今回の企画でリクエスト頂いたので、こちらも今回登場します。写真のものよりコンパクトに食べやすく。

ぜひ、お立ち寄りください。

#Repost @mayu_rungta with @use.repost
・・・
🌳企画展のお知らせ🌳

マスミツケンタロウ

「Hand」

今から5年程前、友人の紹介で、山梨の北杜市で制作活動をする、マスミツケンタロウさんの家に邪魔しました。

山に囲まれた小さな集落の、緑色の瓦屋根の平屋の民家。
昔は農家だったという家のすぐそばを、綺麗な川が流れていました。

東京から移り住み、少しずつ手を入れた家は明るい玄関があり、横には居心地が良さそうなテーブルと椅子。
奥には気持ちが良さそうなキッチンがありました。

いくつもの部屋に分かれていた納屋は、それぞれアトリエや展示スペースに。

庭も現在進行形で、つねに進化しているようでした。

どの場所も、必要に応じて手が入れられ、装飾的ではなく、すべてに工夫と遊びがありました。

マスミツさんは色々なものを作っています。

とても歩きやすく、履くと自然に身体が整うようなサンダル、
留め具や金具のひとつひとつまで魅力的なパースやトートバッグ、
叩いて作られた真鍮のアクセサリー、
ゆらゆらと美しく揺れるモビール、
それから時計にプランターカバーにオブジェ…

素材も木、鉄、真鍮、布、紙…
とても自由です。

沢山の材料と道具が所狭しと並ぶアトリエは、雑然としながらも澱みがなく清々しく、不思議なことに、ふと、インドの工房を思い出しました。

道具でも何でも、必要なものはあるもので何でも工夫して作ってしまうインドの職人たちの自由で逞しい感じ。

自分の技術を拠り所としながら、「手」を惜しまない作り方。

そこには、いつも目を見張るような驚きと発見がありました。

企画展の初日から3日間は、マスミツさんの作品だけでなく、マスミツさんの工房の一部を移動して、その「手」から生まれるものを直接ご覧きたいと思っています。

健やかで明るく、生き生きとして、
たしかな手触りがあるもの。
軽やかで熱量のあるものづくり。
風が抜けるような空気感。

私たちが共感してやまなかったものを、マスミツさんの「手」を通して、直接伝わると良いなと思っています。

ずっとご紹介したいと思っていた作り手の、ルンタでははじめての企画展です。
ぜひご覧ください。

企画展
マスミツケンタロウ
「Hand」

7/15金→19火(作家在廊日→7/15・16・17)
11:00→17:00
Studio Rungta

On the river での受け渡しに関しまして

菜と果のストックフードはOn the riverのオープン(不定期)時に季節のラインナップが並びます。
この時は自由に来ていただいて、自由に選んでいただけます。(商品のご予約もできます)
現在オープン時以外は都度ご予約制となりますので、お問い合わせください。
また、ストックフードの引き渡し、ギフト品のお渡しなどの方はこちらからお渡しできる日にちをご連絡いたしますので、ご都合の良い時間をお知らせください。(日曜月曜休み、12時〜17時)
ラインナップなどは、Instagramよりお問い合わせください。

平飼い卵のプリンと黒みりんのメレンゲ

南アルプス市にある素敵なアンティークのお店atelier rustさんで、10月9日から鋳物アンティーク&マスミツケンタロウさん装身具展が開催されます。
会場では、甲斐市の美味しい美味しいケーキショップ vigne cinqさんの秋のクグロフ(栗・いちじくチョコ)と共に菜と果の平飼い卵のプリント黒みりんのメレンゲを販売していただきます。今回は配送も承っておりますので、遠くの方も是非ご覧になってください。アンティークとの同包も可とのことです。
プリンをクールにおしゃれに撮っていただき、とても嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

atelier rust
山梨県南アルプス市榎原273-1
店舗営業:10月9日(土)〜19日(火)12:00〜15:00

atelier rust

朝の会 @on the river

5月。
辺りは1年の中で最も躍動的な景色に包まれます。
朝の目覚めの時間、私たちも植物たちと一緒に青々とした葉の手を広げ、伸びをします。

皆さんに朝の会のお知らせです。

青木隼人さんのギターの音、石窯で焼いた自家製小麦のパンと北杜から旬菜おかずのプレート、
自家焙煎のコーヒー、平飼い鶏たちの卵で作ったプリン。
朝の深呼吸。
1日の始まりの時間。
私たちがこの場所で温めてきたこと。
「朝の会」を過ごしに是非いらしてください。

*当日はパンやプリン・ジャムなどの販売もあります。

日時:2021年5月23.24日(日、月)朝8:30より
会場 On the river
山梨県北杜市須玉町江草7848

演奏 青木隼人(ギター)

会費 4.500円 演奏と朝食付き(晴天時は庭で、雨天時は室内での開催)

ご予約 ontheriver.life@gmail.com
件名にご希望の日(5月23日または24日)を含めていただき、①お名前、②人数、③住所・連絡先、④会場までのアクセス方法(車の台数など)をお知らせください。
お席に限りがあります。定員に達し次第、予約を締め切らせていただきます。またキャンセルがありませんよう、予定の確認をお願いいたします。 (状況によっては中止や延期となる可能性もございます。また状況の変化により止むを得ずのキャンセルもご遠慮なくご相談ください。ご理解のほどよろしくお願い致します。)

*On the river は5月21日から25日までオープン(12:00-17:00)。
ラフィアの帽子を作りだす母衣の「母衣 はたらく帽子展」も開催しております。
演奏会とともにどうぞお立ち寄りください。

*お願いごと。コロナ感染対策としてマスクと手消毒のご協力をお願い致します。
 また朝の静かな時間での開催です。近隣の皆さんへのご配慮をお願い致します。

On the river へのアクセス
中央道須玉IC出口より車で15分。駐車場につきましては、予約メールの返信をご確認ください。会場は小さな集落のなかにあります。駐車には充分ご配慮ください。
公共交通機関でお越しいただくこともできます(韮崎駅より「増富温泉行き」バスに乗車。「平」バス停より徒歩1分)。

イベント情報

On your table 四月の庭 五月の庭 —evameva yamanashi

evameva Yamanashiでのイベント「on your table」「五月の庭」に参加いたします。

■ 4月24(土)よりevameva yamanashi 形 gallery のイベント on your tableに参加します。

暮らしの中心にあり、人が集い会話を愉しむテーブル
その上を彩る食やグリーン
手土産やご自身への贈りものにしたいアイテムをご用意いたしました。
ストックフードやワイン、グラスなどを取り揃えております。

■「五月の庭」では菜と果は、5月1日のデザートを担当します。
5月1日(土)「五月の庭」
[うどん] やまゆり
[デザート]セトキョウコ
[ハーブコーディアル ] レミルト

4月24日(土)「四月の庭」
[ランチプレート] sun days food
[デザート] foodremedies
[珈琲] AKITO COFFEE
四月の庭も素敵な方達が揃っています。私も行きたい…と思っています。

「四月の庭」「五月の庭」はご予約制です。詳細はこちらから→evameva yamanashi

ふきのとうソース

ふきのとうがあちこちで顔を出し始める季節に毎年作るのが「ふきのとうソース」です。
近くの山で採れたふきのとうを使い、味噌、米酢、きび砂糖、胡麻油などを加えて作ったドレッシング感覚で使えるソースです。

野菜のグリル、サラダ、冷奴などにかけて食べると、ほろ苦さの中に春の気配を感じて、とても美味しいです。
私は冷しゃぶと野菜のグリルの添えて食べることが多いです。さっぱりしているので、いくらでも食べられてしまいます。

On the riverでも販売しています。
春の味を是非お楽しみください。

ホクトノオト

昨年秋に私がツアー造成をした北杜のガストロノミーツアー(北杜の恵まれた自然と食を巡るツアー)のイメージブックが届きました。
柔らかな手触りの紙に、美しい写真が添えられた冊子です。Free paperとは思えない完成度。すごい…!デザインはBEEK DESIGNの土屋誠さん、写真は砺波周平さん。

北杜市役所や市内各所に置いてあります。もちろん、On the riverにも(少数ですが)!見かけましたら、ご覧になって下さいね。

また、HPも公開されております。こちらも是非!
https://hokutogastronomy.jp

おやすみハーブティー

菜と果オリジナル「おやすみハーブティ」ができました。
カモミール、リンデンなど、気持ちをふわっと緩めてリラックスさせるハーブに、カルダモンやジンジャーの小さな刺激。リンゴの甘みなどを加えました。
ブレンドは京都にあるmakaさんに相談させて頂きながら決めました。こんな方向にしたい、と言うと次々とアイディアを提案していただき、イメージ通りのハーブティが出来上がりました。
パッケージは夜のイメージと言ったら、息子がフクロウをモチーフに書いてくれました。フクロウもスヤスヤ眠ってしまうブレンドになっています。
on the riverオープン時に販売しておりますので、ぜひ!

maka:
https://makaherb.tumblr.com

掲載誌情報 &premium 11月号

‘&Premium’11月号 特集「つくりのいいもの、との出会い。」。その中のブックインブック「つくりのいいもの、のある暮らし」の中に我が家を掲載して頂きました。
ライターの柿本さんとお話をしながら、つくりの良いもの、って何だろう?自分がどういうものを選ぶんだろう?と改めて考えさせられました。年を重ね、生活を重ねていくこと、自分が大切にしていることがちょっとだけ見えてきたような気がする取材でした。ありがとうございました。
書店で見かけましたら、是非ご覧になって下さい。

十五六アトリエでのストックフード販売

今週末の27.28日、ハウス展にも出店してくれているtocoro cafeさんの素敵なアトリエ「アトリエ十五六」のオープン日に菜と果のストックフードを並べていただきます。並ぶのは、レモン麹ペースト・辛味オイル小瓶の
赤(唐辛子とスパイス)緑(山椒レモン)の2種・桃のコンポート・イチゴとスパイスのシロップ・スモモのシロップ・梅と山椒のシロップです。数量限定となっていますが、菜と果のストックフードでなくとも、tocoro cafeさんのしっかり丁寧に丁寧に作られたお菓子を買えますので、是非!ハウス展の時も目指していらっしゃるお客様が年々増える人気のお菓子たちです。
コーヒーも豆をたっぷり使って一杯ずつ入れて下さいます。
tocoro cafeのまささんの軽快トークとなおさんの癒しの空気も最高に大好きです。
是非是非お越しください!
※販売リスト、注意点などは以下のアドレスをご覧になって下さいね。

http://blog.tocoro-cafe.com/?eid=1302553

アトリエ十五六 オープン日
9月27日(金) 12:30 – 18:00
9月28日(土) 13:00 – 18:00